アキバ系な起業のしかた―趣味を仕事にする方法 |アキバ系起業研究チーム 必ず当たる!情報起業

新着記事

アキバ系な起業のしかた―趣味を仕事にする方法 |アキバ系起業研究チーム

アキバ系な起業のしかた―趣味を仕事にする方法アキバ系な起業のしかた―趣味を仕事にする方法
アキバ系起業研究チーム
秀和システム 刊
発売日 2006-06




かゆいところに手が届いた秀作 2006-05-31
「萌え本」「アキバ本」出版ブームが真っ盛りだが秀和システムから出た

「アキバ系な起業のしかた」はその中にあって一味違った仕上がりの本である。

内容はアキバ系のビジネスを起業した五人にインタビューをしているのだが、

この手の本では聞きにくい、でも一番知りたいお金の事を、きっちり露わにしているのだ。

インタビューの対象になったのはソフトウエア会社、美少女ゲーム会社、

ゲーム書籍の編集プロダクションなどだが、最後に一社、唯一商店を経営している

海亀有限会社が登場している。知る人ぞ知るショップ、三月兎の経営母体だ。





三月兎というこの店はいまのアキバの縮図のような雑貨屋(?)である。

パソコンの周辺機器がある。同人ソフトやフィギュア、マジコン、萌え本、

エロゲー&アダルトDVDにLEDライト、2号店には真空管アンプ関係の書籍や

何に使うのかわからないフラスコや試験管まで置いてある。

まさにカオスのようなアキバのエッセンスを濃縮した空間。

「アキバ系な起業のしかた」の中では店を立ち上げるまでのエピソードから

会社の設立時の苦労、そして売り上げから給料までを社長が語っている。

裏の事情までを明らかにしているわけで、ある意味当事者にはリスクの高い、

その分、真剣に起業を考えている読者には他では得られない、

大変参考になる貴重なエピソードが書かれているのだ。




さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。